大川隆法総裁先生ファンクラブ川崎市麻生区

アクセスカウンタ

zoom RSS 高木貞治博士の霊言(その1)(全てfictionです)

<<   作成日時 : 2016/06/30 23:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

高木博士の霊言収録&公開されたらどのような内容になるのか,以下推定してみます.これはあくまでもfictionではありますが,1点注意しておきます,「質問事項」のみ私が聞きたい内容になっていますが,それ以外(つまり,大川総裁先生,HS職員,高木霊)の発言内容については,この様に言って欲しという,私の個人的願望ではなくて,あくまでもこのような発言が出るであろう,と言う推定を書きます.

Start -------------------------------------------------

(大川総裁) 本日は数学者,高木貞治博士の霊言を収録します.始めに経緯を話しましょう.先日,岡潔博士の霊言を採りましたが,その日の夜高木博士がきました.岡博士と高木博士が生前交流があったこと,高木博士が学部は違いますが,私の大先輩にあたること,また,高校の頃多少なりとも高木博士の本を読んでいたことが縁となり,現れたのだと直感しました.そのとき,岡博士より先に高木博士の霊言を収録すべきだったのかの,と,ふと心をよぎりました.なお,このときもう一人気配を感じたのですが,誰かは分りませんでした.

---------------------
ここで,高木博士の紹介があります.高校時代に総裁先生が読まれた高木博士の本の紹介があります.

 ・代数学講義
 ・初等整数論講義
 ・近世数学史談
 ・解析概論
 ・代数的整数論

---------------------------------------------
大川総裁先生談(要約)

 これらの本を読んだのは,例えば以下の点に疑問を持ったから,

・3次方程式以上の方程式の解き方
・複素数の場合につていの「素数」の定義
・複素数による微積分

 これらの本を読んでいたため受験勉強に力が入らなかった,数学オリンピック(※)に出るような生徒はこれらを読みながら,受験問題も簡単に解くのだが自分はそこまで至らなかったとのこと.


ここまで(続く) --------------------------------------------

 ※これらよりさらにレベルの高い本を読んだり,英語で論文を投稿している高校生もいますので,総裁先生が読まれていても不思議ではありません.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
高木貞治博士の霊言(その1)(全てfictionです) 大川隆法総裁先生ファンクラブ川崎市麻生区/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる