大川隆法総裁先生ファンクラブ川崎市麻生区

アクセスカウンタ

zoom RSS 霊言収録にあたっての,大川総裁による高木貞治博士に関するコメント 【本内容はfiction】

<<   作成日時 : 2016/07/03 22:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

大川総裁先生(談)--------------------------

 私は数学者,物理学者の書いたエッセーの類はほとんど読んでいます.

岡潔,小平邦彦,広中平祐,湯川秀樹,朝永振一郎,藤原正彦,ファインマン,ポアンカレ,志村五郎,アインシュタイン,ヴェイユ,ワイル ETC.

専門書の方は...,そうですね,数物系が蔵書に占める割合は1%弱程度,1000冊はないでしょう.もちろんcollected papersなどはありませんが,シリーズ物,例えば岩波書店の現代数学の基礎,展開,や共立出版の21世紀の数学など,学生を対象とした本はあります.「文系」の方の霊言収録の場合,だいたいぶっつけ本番なのですが,今回は高木博士についてはあまり知らなかったので多少調べました.
 岐阜県出身で1900年前後にドイツへ留学しています.1920年に「類体論」の論文を発表し,日本人として世界的レベルの業績を挙げた最初の数学者です.物理学者なら湯川博士に比肩するのではないでしょうか.お札になってもよいレベルと思われます.
 類対論とはどのような理論か.岩波の現代数学の基礎にも載っていますが,私の数学力では理解できないので数学出身の職員にレクチャーを頼みました.ここで驚いたのですが,わずか100年ほど前の理論なのにだれも解説できる人がいませんでした.数論専攻でないと分からないそうです.ほぼ同時期に成立した一般相対性理論や量子力学については知っているひとが2桁いたのとは大分様子が違います.1世紀以前の理論ですから,高校レベルでも取り上げてよいのではないでしょうか.HS学園高校の理系英才コースのカリキュラムに取り入れるよう指示を出しました.と言うことで,類体論については,本日「質問者」としてお招きしているA先生にお願いしたいと思います.

以上 Fiction 続く -----------------------------------------

 いかがでしょうか.『らしく』書かれているでしょうか.本BLOG,総裁先生のファンのBLOG につきアンチの方が読むはずもなく,かと言って会員の方も怒って読まないかも知れません.残るは専門家が,Fictionにしては,面白い,高木先生が言われそうだ,と言う内容を目指します(もっとも,専門家がタイトルをみて,呆れて読まない,可能性も高いですが).

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
霊言収録にあたっての,大川総裁による高木貞治博士に関するコメント 【本内容はfiction】 大川隆法総裁先生ファンクラブ川崎市麻生区/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる