HS会員必読! 大川隆法総裁先生ファンクラブ

アクセスカウンタ

zoom RSS 大川隆法総裁先生の数学思考法(勉強法)

<<   作成日時 : 2011/08/12 00:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

先生の高校時代の数学勉強法を「教育の法」、「創造の法」その他の著作から推定してみましょう。

1.教科書に結論しか書かれていないこと常に疑問を持ち、自分の納得がいく結論が出るまで
 追求した

例1:3角形の内角の和は180度である

例2:N次方程式にはN個の解がある
   => これについてはまず、解の存在自体の証明し、その後解がN個あることの証明が
   必要と考えた

2.常に一般解、あるいは汎用的な解法を追求した

・個別の特殊な解法テクニックについては、より一般的な理論を調べ、その理論の系として
自然に解決することを求めた

3.常に理論の一般化を追求した

例1:2次方程式の解法を習ったときは、一般のN次方程式の解法

例2:ΣN ΣN^2 等については、指数が負の場合の値

 教育の法によれば大川総裁は1日2時間ほど数学の勉強をされたそうですが、おそらくこの
ようなことを調べていたのではないかと思われます。通常の受験問題だけなら2時間は必要
ないものと思われます。

 どのような本で調べられたか、空間図形の勉強内容についてはまたの機会に書いてみます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
幸福の科学・大川宏洋常務理事講話「宗教への偏見に打ち克つには」公開(8/10〜)
(宗)幸福の科学HPの「新着ニュース」に、このようなお知らせがUPされています! ...続きを見る
「幸福の科学」信者が本音で語る     ...
2011/08/26 14:24

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
大川隆法総裁先生の数学思考法(勉強法) HS会員必読! 大川隆法総裁先生ファンクラブ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる