昔の霊人と最近亡くなった霊人の相違点

 掲題の件で一つ気が付いたことがあります.最近(と言ってものここ数十年くらい)と過去200年以上以前の霊人で大きな相違点を感じます.

最近の霊人(Ex.湯川秀樹,アインシュタイン,S.ジョブスなど)どうも霊人がギャグっぽく感じます.私は,.湯川博士とアインシュタインのエッセイを少しだけ読みましたが非常jに生真面目に見えます.それで霊言とのギャップを感じました.,S.ジョブスなども生前のインタビューを見ましたが,質問には真面目に答えていました.一方霊言の方では質問されてもはぐらかした答えばかりでした.突然HSに出されて戸惑いはあったかと思いますが,S.ジョブスらしくなかった,と言うのが私の感想です.また,質問者の勉強不足(事前の調査不足)のようjに思われました.
 まあ,これは霊言を信じている立場からの意見ではあります,信じていない人にとってはどうでもよいことでしょうから.

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック