Grothendieckの霊言

 Grothendieckと言うドイツ出身のユダヤ系フランス人の数学者が1994年に亡くなっています.霊言を期待したいところです.最近はタレントや政治家の霊言が多いようですが,戦略的には数学者,それも特にドイツ,フランス系の最近亡くなっている人の霊言は伝道に効果的ではないでしょうか.仮にGrothendieckを招霊したとして聞きたいことを2つ上げておきます.

1.E.Galoisとの関係

 聞くところによると, GrothendieckはE.Galoisの後継を自任していたとのことです(間違っていたら済みません).
実際ガロア圏の概念を提示して,圏論的ガロア理論を構築しました.ガロアは19世紀前半の人ですが,ガロアと何らかの霊的関係はあるのか,また,ガロアから霊的指導を受けていたのか知りたいところです.

2..DeligneのWeil予想の証明のどこがいけないのか

いくつかに分けて説明します.

(1)Weil予想とGrothendieck

Weil予想とはリーマン予想の有限体版です.リーマン予想は難問で直接的アプローチは難しいので,まずは有限体上で解決するべくWeilが定式化しました.それを解決すべくGrothendieckは,SGAという一連の論文で方法を提案しスタンダード予想というものを打ち立てました.スタンダード予想が解決すればその系として,Weil予想も解決できる,というわけです.

(2)DeligneによるWeil予想の証明

 Weil予想は1974年に弟子のDeligneにより解決されました.その方法はスタンダード予想とは異なるものでした.

(3) GrothendieckがDeligneによる証明に激怒

  GrothendieckはDeligneがスタンダード予想とは異なる方法で解決したことに激怒し,以降子弟の縁を切ったそうです.そのご修復しなかったようです.

(4)怒りの真相は何か

 この「怒り」の真因は何か, より正確にはDeligneによる証明のどの箇所が意に反しているのか,知りたいところです.Grothendieckはエッセイもたくさん書いているのですが,その中にも書かれてはいないではないでしょうか.ご存じの方がいれば知りたいところです.
もし霊言で,専門家も「なるほど」,と思えるような内容が出れば伝道効果もかなりのものと思います.今一つ頼りなかったアインシュタイン霊言の挽回が図れます.

 さて,SGAやDeligneによる証明はWEBにて容易に入手できるので,そのうち支部にて勉強会など企画したいと思っております.興味ある方はご一報下さい.

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック