三上義夫(数学史家)について

三上義夫は和算を西洋に紹介した恐らく最初の日本人と思われる.西洋に紹介したので当然英語で書いてある(他の言語のものもあるかもしれまない).膨大な著作があるそうで,佐々木力と言う人の編集により日本評論社から著作が刊行されている.現在Amazonで無料で日本語のエッセイを読むことができる.三上義夫を調べているとき,たまたま,学問の世界のパワハラのBLOGを見つけてしまった.社会科学者の随想ちょっと紹介しておきたい.
三上義夫に戻るが,三上の英語の和算の論考は色々なところに引用されているようだ,だが,残念なことに現在の専門家から見ると,かなり不適切らしい.具体的には,20世紀の基準で江戸時代の和算を評価してしまっており,さらに悪いことに数学を正確に理解しておらず,間違った紹介をしてしまっているらしい.残念なことだ.prostituteをcomforte women とする間違いよりはましかもしれないが.

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック