霊言現象の一つの解釈の仕方(2/12の続き)

今回は「霊言現象」を数学の理論で例えてみます。数学理論を説明する場合、 「XXX理論は既知とする」、とかよく前置きがありますがここでは数学の知識 は不要です。ただし、「霊言現象」については宗教法人「幸福の科学」(略称 HS) の大川隆法総裁の「霊言シリーズ本」を何冊か読まれているか、霊言ビデオを拝聴し ていることを前提とします。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

霊言現象について数学、物理学理論で解釈してみる

 掲題の件現時点では私の知る範囲ではだれも行っていないようです。  宇宙人リーディング、アインシュタイン、ニュートンからの霊示か らも降りていないようです(非公開の可能性もありますが)。  まあ、仮に理論が存在しても恐らく霊示で示されることはなく、地上 の人間が努力して獲得するしかないものと推定されます。  現在の数学、物理学…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宇宙人の霊言で聞いてもらいたいこと(素数分布)

 本日最大素数発見、とのニュースがありました。  大川隆法総裁先生による「宇宙人」の霊言シリーズは昨年の11月頃を 以て一旦終了していますが、再開したら「素数分布」について是非尋ねて 頂きたいと思います。 ニュースにもあるように現時点では人類は「素数分布」について解明できて いません。そこで宇宙人へ対する質問としては…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大川総裁、近藤紫央氏とのご再婚に関するコメント

 月刊誌2月号に書かれているのかも知れませんが掲題の件に関してコメント しておきます。  どうも今一つ分からない点としては、 1.初めから何故近藤紫央氏と結婚されなかったのか。きょう子氏経由後の再婚は 非常に回りくどくご本人、HSのとってもマイナスと想われるのだが。 2.もし、きょう子氏が「良妻」となって離婚しなか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大川総裁先生の再婚相手の方の前世の「妻」はどうしているのか

 ふと掲題の件につてい疑問がわきました。聞くところによると 再婚相手の紫央さんの直前の前世は明治維新のとき活躍した坂本 竜馬とのこと、竜馬は当時結婚していましたからそのとき、竜馬 の妻だった人はどうしているのだろう。。。。 これについて、 何か公表されていることはないのでしょうか(私が見逃している のかもしれませんが)。いずれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「大川隆法総裁先生の再婚」に関する公式発表について

 掲題の件ですが何故かHS関連の公式サイトには掲載されていないようです(11/16現在)。 そう言えばホームページの総裁先生紹介にも結婚や離婚、お子様のことなど、公的なこと が抜けていますね。今回の再婚はまたとない宣伝のチャンスなのに不思議です。  ちょっと見つけた私的なblogによると2月の月刊誌に発表があるとか。何かサプライズ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大川隆法総裁先生再婚、今後の国難の推定

大川隆法総裁先生が再婚されたそうです、下記ページで知りました。 「新春御結婚記念対談」とかの拝聴会を催しているようです。  http://blog.goo.ne.jp/eternal-h/e/ea4689ee12a9b0e8d2851c2ad73c4638  HSの公式ページに掲載されていたようなのですが、今は削除してあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

師と弟子 Issac Newton とその先生(Dr. Barrow)の場合

HSの元会員の人で「師と弟子」と題するBLOG を掲載している人がいました。 ここでの師と弟子とは、「宗教上の師と弟子」を指しているようです。難しい 議論をしているようですが、私のような一般会員にとっては、「役に立たない」 議論に見えます。では「役に立つ」考えは何か? 参考となる見方があるので 紹介します。ここでの「師と弟子…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

島崎藤村エッセイより「日本の女性の教育は役だっていない」

掲題の話、「藤村文明論集」(十川信介編 岩波文庫)が出ています。ただし、 これはあくまでも明治時代の話、でも現代にも通づるところもあるので紹介しま す。「女性のめざめ」の章の冒頭、「女子と修養」の項です。藤村は女学校の教師 をしていたことがあり、その見方に至ったようです。以下はその要約です。  女学校時代の才女(英語ができる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミッドウェーの敗因、その根源は東郷平八郎の非合理性の継承にあるのでは?

東郷平八郎が連合艦隊解散にあたっての「告別の辞」を述べながら次のように 言っています(1905年11月)。 以下(「東郷元帥は何をしたか」高文研発行 p.33 より引用)    「しかして武力なるものは艦船兵器等のみにあらずして、これを活用する無形 の実力にあり。百発百中の一砲よく百発一中の敵砲百門に対抗し得るを覚らば、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岐阜出身の偉人「島崎藤村」と「高木貞治」、知的青春のすすめ

 Hermes Angels No.201 の今月の作家に岐阜出身の「島崎藤村」が紹介されていました。 小生、実は藤村ファンにつき一安心しました。と言いますのは、藤村の「私小説」的な作 品の中には人間の心の負 or 闇的なドロドロしたところをを描いた作品があり、また、 私生活でも姪との不倫関係など、もしや菊池寛と同じく暗い世界にい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大川隆法総裁先生の霊言信憑性「丸山眞男」氏の場合(志村五郎氏による「丸山氏」人物像紹介)

 世界的数学者の志村五郎氏がエッセイ「鳥のように」の中で、「丸山眞男と言う人(P.89-113)」 と題して、丸山氏の人物像について書いています。「丸山眞男」の霊言と比較してみるのも面白い と思い紹介します。「霊言」は数学とは違って最終的には信じるか、信じないかになるのですが、 私見では志村氏による人物像は霊言の有力な傍証になるの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

井深大氏の霊言の問題点

 井深大氏の霊言を読んでいて幾つか問題と思う点がありました。  井深氏と言えども霊界戻られてかなりたっておりますので世の動きに やや疎くなっていると推定されます、この点は松下幸之助さんの場合と 同様と思います。 その1  マイクロソフト、アップルは世界標準をつくって一気にシェアを 奪う、と言う点について  => こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Liberty11月号 伊藤貫氏のワールド・ウオッチ(第7回)疑問点

 掲題の記事の最後の4行に疑問を持ちました。 以下の文です。  日本は、「覇権亡者」とも言える米中両大国に挟まれているの です。日本の立場は悲観的ですね(嘆息)。  と言う文です。  中国と米国を単純に同じ覇権亡者と見るのは間違っていると思います。 21世紀の現時点において、中国と米国の対立は全体主義独裁国家と自…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国の野蛮性の霊的根源『映画「神秘の法」の場合』

 大川総裁の霊視によれば中国が宇宙人と接触をはじめている、中国では 宇宙人によるwalk in が行われているとの話が以前にあったかと思います。  さあて、今回映画「神秘の法」では、「ベガ星人の地球への移住」と言う 話が絡んでいます。ここのところは本当なのでしょうか。ご存じの方がおり ましたら、お知らせ下さい(コメントにご記入下…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

聞いてみたい韓国の経営者の霊言、韓国の武将の霊言

 日本復活の条件に井深大氏の霊言が収録されているようですが、 韓国の経営者、例えば、samsungグループの経営者の話など聞け ないのでしょうか。samsungは、最初は三洋電機と合弁でTVの組立 工場を従業員33人から始めたようです(Voice 9月号 片山修氏 の記事)。その最高経営者から今の日本企業がどの様に見えるのか、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国の野蛮性の霊的根源

 今回の尖閣問題で中国の「野蛮性」が明らかになったのですが(もっとも、 実は以前から分かっていて、今回現象化したに過ぎないとも言えなくもない、 と言えるかも知れません)、これを霊的に見た場合、その根源に何があるのか、 その辺りを明らかにして頂ければと思います。   例えば以前、ナチスには古代ヨーロッパの黒魔術がついていた、と言う…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大江健三郎氏の全国公立学校教頭会で講演

 7月に小学校の教頭をしている知人が研修で東京に来ていました。そこで、 大江健三郎氏の講演があり「結構面白かった」とのことでした。  特に講演内容に興味も無かったので内容については聞きそびれてしまいまし た。ですが最近、大江健三郎氏の守護霊の霊言、が出版されたこともあり、ど のような話だったのか調べてみました。研修会のページがあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大川きょう子氏のHSにとってのマイナス面

掲題の件、色々あるかと思いますがあまり触れられていないと 思われる点について注意しておきたいと思います。  過去随分、HSの月刊誌に「ご論考」を載せていましたがこの害が実は 結構大きいのではないでしょうか。どの記事かおかしかったのか、今更 言ったところでジャンケンの後出しのようなものなので、言いませんが。。  これはその時…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大川総裁先生の大学の先輩の文藝春秋、週刊文春の編集長について

掲題の件ですが、半藤一利さんと言う方で以前、文藝春秋、週刊文春 の編集長をされていたようです。確か、芥川龍之介の霊言の中で、昔は は文藝春秋、週刊文春は保守的な思想を代表する雑誌だと比較的好意的 に書かれていました。それはいつ頃までのことか? 前述の半藤氏が歴史 ものを結構書いているのでその頃までは、いまより良識的な雑誌だった …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more