テーマ:大川隆法

大川きょう子氏のHSにとってのマイナス面

掲題の件、色々あるかと思いますがあまり触れられていないと 思われる点について注意しておきたいと思います。  過去随分、HSの月刊誌に「ご論考」を載せていましたがこの害が実は 結構大きいのではないでしょうか。どの記事かおかしかったのか、今更 言ったところでジャンケンの後出しのようなものなので、言いませんが。。  これはその時…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大川総裁先生が独創的発想で数学の勉強をしていたその時代 代数編その1

 大川総裁先生は、ご著書「教育の法」の中で、空間図形が得意であった、 また、代数も得意であったと言われています。ただし、具体的のことには 触れていませんでした。英語の法はあれだけ著作を出されているのに、何故 か得意のはずの数学の書籍は出ていません。この理由は思うに、大川総裁 先生の発想は独創過ぎて、受験数学には役に立たない、ある…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

心の指針2012年4月号「成果を求める」へのコメント

 8/18のブロッグでも書きましたが、これは総裁先生のご経験、 即ちHSの組織運営から得た内容でしょうか。おそらくそうだろう と思いますが、だあとすると総裁先生が伝えたいことは、より正 確には、(定性的ではなく)定量的な成果を挙げよと言うことで しょう。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

月刊誌2012年2月号心の指針「自分に厳しく」へのコメント

 掲題記事の中に気になる記述がありました。 以下抜粋--------   どこの会社でも、2割の社員が残り8割の社員の生活を支えている。 しかし、支えられているはずの8割の社員は、そのことに気づかず、自分は 給料分以上働いているつもりでいる  。。。。。 ここまで  これは、いわゆる「組織」(株式会社、公共団体等…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

霊言の限界について ≪その時代の制約を超えることはできるか?≫

掲題の件に関して大川総裁先生の「霊言」の全てを読んでいる(聞いている) 訳ではないので誤解しているところがあるかもしれないことを、はじめにお断り しておきます。  数学や物理の世界では、時代を超えた発見はできません。別な言い方をします と、論理的な順番を超えた発見はできない、と言うことです。具体例を挙げますと 例えばニュー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

幸福の科学は入会規則を見直した方がよいのでは?

 その昔、幸福の科学の入会条件として書籍10冊以上を読んで入会希望理由等を 提出し審査の結果、入会が許される、ことになっていました。その後、入会条件が 緩和され現在に至っています。  さて最近インターネットを見ていると、気軽に会員になって?結局納得できず? 退会されたように見える方が見受けられます。そこで幸福の科学の幹部の方への…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ベガ・プレアデスの科学と信仰に関する質問他

 宇宙人リーディングが終わってしまってもう聞けないかとは 思いますが知りたかったことが何点かあります。 1.信仰心と科学の両立  ベガ・プレアデスでは信仰心を維持しつつ高度な科学を発達させて いますが、何か特別な条件、或いは地球との環境の違い、或いは教育 等、何か対策があるのでしょうか。また、唯物的に傾いてしまう思想 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

幸福の科学「2012年時点の伝道状況など」

 Liberty5月号「未来への羅針盤」(P.9)に以下の記述が ありました。  。。。日本のマスコミが、あまりにも心細い状態なので、 場合によっては「世界で知って頂いて、日本で追認して いただく」かたちでも仕方がないと思い、外国でも活発 に活動してみたいと思っています。 ---- ここまで  総裁先生は日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「松下幸之助日本を叱る―天上界からの緊急メッセージ 」で気になるところ

 2010年に出版された「松下幸之助日本を叱る―天上界からの緊急メッセージ 」の気に なったところを書きます。  本書の内容だけ見た範囲ではどうも松下翁は「ソフトウェア」の価値についてのご理解が 今一つ足りないように感じました。また、その「原価」と言うものについても今一つ理解され ていないように見えました。ハードウェアは作っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

 日本の伝統的価値観と大川総裁先生の「創造の法」との相違点

 大川総裁先生は日本の的思想・風習等についてその問題点を よく指摘されていますが、「創造の法」につても日本古来の価値 観と相違するところがあるようです。  「連塾 方法日本Ⅰ 神仏たちの秘密」(松岡正剛 著)P.133 より一例を挙げますと、歌舞伎の中村吉右衛門氏から聞いた話と して、  自分の芸がやっといいとことまでき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大川総裁先生はTOEICの問題をご存知ない!

 掲題の件ですがYB2012年4月号でわかりました。  P.28に下記の記述があります。  最近の週刊誌の記事で非常に驚いたのは、TOEICで990点満点 取った人の話です。その人は、「洋画のセリフは全部は聞き取 れないし、英字新聞も全部は読めない」と言うことを言ってい たからです。。。。。  TOEIC満点の英語力…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

太陽の法の英訳での「悟り」の訳に関して

 先日NHKのTV英会話トラッドJapanで「仏像」をテーマに放送し ていた番組の中で「悟り」の英訳について取り上げていました。  それによると、英語の「enlightnment」は神からの「啓示を受けて の悟り」悟りだそうです。では仏教的悟りはどう表現すればよいのか?  ここで仏教的とは自らの内面から出てくる悟りを指してい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『大川総裁先生「日英同盟」は破棄すべきではなかった』への補足

 大川総裁先生の2010年10月31日のご講演「この国を守る責任」で、  『「日英同盟」は破棄すべきではなかった』  と言われた(月刊誌2010年12月号P.27参照)。  同時の情勢からみて「日英同盟」は遅かれ早かれ破綻したのでは はないだろうか。アジアを白人支配からの開放を目指す日本と、 広大な植民地を持つ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベガ・プレアデスの数学・物理学カリキュラム推定

 義務教育の範囲内での理数科教育のカリキュラムの推定してみます。期間は、 12~15年程度でしょうか。    科学が現在の地球より高度に発達しているため、内容を精選して義務教育期間中 にできるだけ高度なことを教えるよう工夫しています。数学は証明抜きで利用方法 を中心に「使える数学」を教えているものと思われます。証明については、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベガ・プレアデスの教育の特徴を推定してみる

本内容は「宗教法人幸福の科学」の説いている内容についてある程度知識が あることを前提としています。  ベガ・プレアデスの教育の特徴は、  1..才能の開発とその方法論を持っている  2..創造性と実用性に価値をおく  3..最高の美の追求  上記について考察します。以下はあくまでも小生の推定です。 1. 才…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベガ・プレアデスの教育、物理・数学関連

本内容は「宗教法人幸福の科学」の説いている内容についてある程度知識が あることを前提としています。  「ベガ・プレアデスの教育」が経典として下賜された。宇宙人リーディングの 一環として昨年3月頃収録されたようです。その概要について下記を参考にさせて 頂きました。 http://blog.goo.ne.jp/sakura…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

幸福の科学の日本的バイアス、大川咲也加氏(大川総裁の長女)の場合

 どこで読んだか失念しましたが、咲也加氏は高校時代模試で東大合格 の判定を何度か獲得していたそうですが男兄弟の立場を考えて、御茶ノ水 女子大を選んだそうです。この良し悪しは別としてその以外な姿勢に 随分消極的だな、と感じました。この思考は一つの日本的バイアスで しょうか。また、兄弟間での切磋琢磨が感じられませんでした。  寧ろ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

幸福の科学学園の数学学習法は総裁先生の数学思考法とは異なる

大川総裁は幸福の科学学園で直々に英語の講義を実施したそうであるが 数学の講義はしていないようです(代数や空間図形が得意だそうです 「教育の法」に書いてあります)。  何故わかったかと言いますと、予備校の模試で幸福の科学学園の生徒が 非常によい成績を取ったからです。もし大川総裁先生の「創造的数学思考 法」に従って学習していたら模…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ビル・ゲイツ氏と大川宏洋氏物事の進め方相違点

 小さなことですが「一夜漬け勉強」に関してビル・ゲイツ大川宏洋氏、 大川隆法氏と異なる見解を述べていたので紹介しておきます。 大川隆法氏と宏洋氏の対談より、 宏洋氏:    そのときは(仏陀再誕のアニメ作成に携わっていたときのこと) テスト期間とダブってまして、次の日に試験が三つ有りましたが、 一つを落としてし…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

本人の年齢と潜在意識の年齢 大川愛理沙氏の場合でわかったこと

  本内容は「宗教法人幸福の科学」の説いている内容についてある程度知識が あることを前提としています。  大川隆法総裁は三女である愛理沙氏の最古?の潜在意識を呼び出して、質疑し ました、「宇宙の守護神とベガの女王」と題して出版されているので読まれた 方も多いことと思います。  さて、その内容ですが他の多くの大川総裁の「宇宙…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

女性と子育て、大川きょう子氏の場合

 本記事は、宗教法人幸福の科学の主催者、大川隆法総裁ときょう子夫人の離婚問題 に関する私見です。  大川隆法総裁によるときょう子氏は、育児を人に任せいて「子育て」や家事をしなかった、 とのことであるが一つ補足しておきたいことがあります。 ・昔のヨーロッパの貴族や天皇家では夫人が直接子育てをすることはなかった  です…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

初公開 大川総裁先生が高校時代に使ったかも知れない数学参考書

 昨年7/23の初回のBLOGで「大川先生の数学」につてい書くと言いまし たがその後、ほとんど書いていませんでした。  「教育の法」で大川先生は英語については高校時代に使用した参考書を紹 介していましが数学については書いていなかったので、ここでは数学の参考 書について挙げて(推定)みましょう。  なお、大川先生の蔵書は10…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

幸福の科学の「日本的バイアス」について

 本内容は「宗教法人幸福の科学」の説いている内容についてある程度 知識があることを前提としています。  現在大川隆法総裁は日本で「法」を説いているわけであるが、 「普遍的な法」とは言っても、どうしてもその教えの中に、良く も悪くも何らかの「日本的風土のバイアス」が含まれるのは避け られないと思います。ではそれが何であるか、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「幸福の科学」大川隆法総裁ときょう子氏問題について

本内容は「宗教法人幸福の科学」の説いている内容についてある程度知識が あることを前提としています。  大川総裁のような方が何故離婚に追い込まれたか(まだされてない?) 会員や著書を読んで愛読者になった方は、幸福の科学の見解や大川先生 ご自身の説明を聞かれても、どうしても解せないところがあるのではな いでしょうか? 以下私が…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「宇宙人リーディング」終了残念

 本内容は「宗教法人幸福の科学」の説いている内容についてある程度知識があることを 前提としています。  「宇宙人リーディング」は11月に終了したそうです。私はもう少し17-19世紀のヨーロッパ の科学者のリーディングを期待していたので残念なところです。  何故期待していたかと言いますと、「経典宇宙人探索リーディング」に「第十…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大川隆法総裁の美的センス不足は問題か?

本内容は「宗教法人幸福の科学」の説いている内容についてある程度知識があることを 前提としています。  大川総裁はご長男宏洋氏より美的センスがない、と以前から指摘されていたそうです。 そして、その美的センスの無さが幸福の科学会員に伝播されている。。。のようなことを を言われたとのことです。以上整理しますと、 (1)大川総裁は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大川隆法総裁「宇宙時代の目覚め」補足(物理学の現状)

 掲題の講演についてガンブロさんが紹介されていました。    引用:  宇宙人は何光年もの遠い星から来ている。それは“ワームホール”みたいな 特別なトンネルを通って、距離も時間も飛び越えて来ている。「タイムマシン の原理」も、「宇宙航行の原理」と関係があるかもしれない。時間についても、 例え話では「時間とは、円環状、螺旋…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大川隆法総裁『「教育の法」数学の天才に関する補足』

 大川総裁は「教育の法」の中で「数学の天才」に出会ったことがない、と言われて いました。「数学の天才」の「定義」ですが荒っぽく言いますと、専門家が重要と 認めている問題の解決や理論、新概念を創造した人を指すと思います。その出現率 ですが、どこかで読んだ記憶では、数学者Weilによると1人/年程度、とのことです (これも根拠がはっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大川総裁先生宇宙人リーディングで知りたいこと「科学と信仰の両立」、「全体主義を防ぐ政治体制」他

1.科学と信仰の両立  科学が発展して結果、星によっては唯物主義に陥って魔の支配に下ってしまったところも、 かなりあるように聞いていまあすが、一方信仰と科学が両立している「正義の味方」もある ようです。この違いはどこにあるのでしょうか。 2.全体主義を防ぐ政治体制  戦争状態が長くつづくと民主主義の国であっても…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大川総裁先生宇宙人リーディング 宇宙人の数学に対する美意識はあるか? 

 「宇宙の守護神とベガの女王」  http://www.irhpress.co.jp/detail/html/H0326.html  でベガの女王はベガ星の美しさについて語っています。  また一部「数学」について言及していますが、数学に対する美意識はあるのでしょうか。   地球の数学者はニュートン以来(はるか以前からも)、数…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more