テーマ:類体論

霊言収録にあたっての,大川総裁による高木貞治博士に関するコメント 【本内容はfiction】

大川総裁先生(談)--------------------------  私は数学者,物理学者の書いたエッセーの類はほとんど読んでいます. 岡潔,小平邦彦,広中平祐,湯川秀樹,朝永振一郎,藤原正彦,ファインマン,ポアンカレ,志村五郎,アインシュタイン,ヴェイユ,ワイル ETC. 専門書の方は...,そうですね,数物…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大川総裁先生の霊言現象を分析してみる その2

 前回の続きです。掲題の内容を下記の理論に当てはめてみる、という話でした。 (1)超弦理論 (2)複素解析(の解析接続の理論) (3)類体論(or Langlandsプログラム)  これらがどのような理論かは、インターネットで入手できますので省略します。 ただ、ここでは発見された時期についてコメントしておきます。 古…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大川総裁先生の霊言現象を分析してみる

霊言現象を数学と対比するために「霊言現象」につて簡単に考察します。当然ながら以下あの世、即ち霊的世界(5次元以上の高次元空間)の存在を前提として話を進めます。また、数学的に厳密な議論でもありません。単なる例え話と言ってしまえば、そんな話でもあります。  1.「霊言現象」とは「この世」に居ながらにして「あの世」の情報を取り出すこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

霊言現象の数学的説明について

 前回数学(類体論,リーマン幾何学)により大川総裁先生の霊言現象を説明すると 書き,考えていましたが無理があったのでやめます.  では類体論,リーマン幾何学,とはどのような理論か,WEBで検索すればいろいろ ヒットするので調べることができます.一応言い出した手前解説本くらいは紹介して おきます. 入門書  足立恒雄、類体…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

霊言現象の一つの解釈の仕方(2/12の続き)

今回は「霊言現象」を数学の理論で例えてみます。数学理論を説明する場合、 「XXX理論は既知とする」、とかよく前置きがありますがここでは数学の知識 は不要です。ただし、「霊言現象」については宗教法人「幸福の科学」(略称 HS) の大川隆法総裁の「霊言シリーズ本」を何冊か読まれているか、霊言ビデオを拝聴し ていることを前提とします。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more