テーマ:宇宙人リーディング

「宇宙人リーディング」終了残念

 本内容は「宗教法人幸福の科学」の説いている内容についてある程度知識があることを 前提としています。  「宇宙人リーディング」は11月に終了したそうです。私はもう少し17-19世紀のヨーロッパ の科学者のリーディングを期待していたので残念なところです。  何故期待していたかと言いますと、「経典宇宙人探索リーディング」に「第十…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大川総裁先生宇宙人リーディングで知りたいこと「科学と信仰の両立」、「全体主義を防ぐ政治体制」他

1.科学と信仰の両立  科学が発展して結果、星によっては唯物主義に陥って魔の支配に下ってしまったところも、 かなりあるように聞いていまあすが、一方信仰と科学が両立している「正義の味方」もある ようです。この違いはどこにあるのでしょうか。 2.全体主義を防ぐ政治体制  戦争状態が長くつづくと民主主義の国であっても…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大川総裁先生宇宙人リーディング 宇宙人の数学に対する美意識はあるか? 

 「宇宙の守護神とベガの女王」  http://www.irhpress.co.jp/detail/html/H0326.html  でベガの女王はベガ星の美しさについて語っています。  また一部「数学」について言及していますが、数学に対する美意識はあるのでしょうか。   地球の数学者はニュートン以来(はるか以前からも)、数…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宇宙人リーディング「地球を守る《宇宙連合》とは何か」で気になるところ

最近出版された大川総裁の宇宙人リーディング「地球を守る《宇宙連合》とは 何か」の2章に気になる記述がありました。   以下引用-------  あなた方が見ている宇宙、すんわち、たくさん星が見えている3次元の宇宙以外 に、もう一つ、「裏側の宇宙」「反宇宙」と言うものがあるんですよ。表側の宇宙 と非常によく似たかたちをして…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

現在の地球での科学研究の方向は正しいのか?

現在地球上で研究が進められている科学と地球に飛来している宇宙人との科学に どの程度差があるのか、また、現在の科学の研究の方向は正しいのか? ここで 「正しい」とは現在の研究を続けていくと「宇宙人」の科学レベルに近づくこと が可能なのか? と言う意味です。もしかしたら全く方向違いで宇宙人の科学と は乖離してしまっている可能性もある…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大川隆法総裁先生ファンクラブ「ベガの女王」の(多次元)数学に関する霊示補足

「宇宙の守護神とベガの女王」のP.70に関して、一般の方に誤解のないよう補足して おきます。3行目後半に、以下の記述があります。  最低でも、時間と空間が交わる座標軸の中で、ものを考えているわけだから、「4次元以上 の数学」でなければ、私の数学は理解できない。  とあります。  現在の一般相対性理論によれば、我々は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大川隆法総裁先生ファンクラブの「数学・物理学」勉強会カリキュラム

最新刊の宇宙人リーディング(「地球を守る『「宇宙連合』とは何か」、「宇宙の守護神と ベガの女王」)によれば地球外知的生命体との接触も意外と早まる可能性がありそうだ。  銀河を飛来する科学技術を持つ宇宙人と現時点の地球の科学では較ぶべくもないが、可能な 範囲で地球上の最先端の数学・物理学を把握すべく、ファンクラブ川崎麻生支部では勉強…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大川隆法総裁先生「宇宙人リーディングへの要望」

 2011年5月までに出版されている本は大体読んでいると思いますが、何故か未だ 宇宙人の生態・文化の話はないようです。  そこで以下のような項目を質問して頂けると嬉しいです。 1.政治制度、形態 2.家族形態、生殖、繁殖形態、余暇 3.教育制度 4.芸術(文学、音楽、美術などがあるのか、またはこれらと異なるものなど) …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

大川隆法総裁先生ファンクラブBLOGで扱う当面のテーマについて

 本BLOGでは当面、主に下記の3点のテーマについて取り上げます。 1.大川隆法総裁の数学 2.現在までの数学、物理学の成果 3.幸福の科学の未来  以下、内容について簡単に説明します。 1.大川隆法総裁の数学  宗教団体「幸福の科学」を主催している大川隆法総裁は英語の参考書を多数出しています。 もう20冊…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more