M理論提唱者について (小林 早賢さんBLOGで気になったこと)

6/9の小林早賢さんと言う方のBLOGのM理論の提唱者はDr.Hawkingとありますが、
が、正しくはWitten(とSchwarz)のはずです。ただし基本的な方向はHullとTownsend
らも提唱していたようです。

Witten紹介:
http://www.worldlingo.com/ma/enwiki/ja/Edward_Witten


小林 早賢さんBLOG(英語版)
http://heratri-topics.blogspot.com/

And Dr. Hawking insisted on replacing M-theory advocated by himself
on behalf of Einstein’s “Unified Field Theory” and denied the
existence of “Unified Field Theory” and also tried to make himself
as an advocate of “final theory”, however this was criticized by
many physicists.
What drew my attention was that “If you deny Unified Field Theory,
especially ‘Unified Field Theory of Gravity and Electromagnetism’
which Einstein made special effort when he was alive, it will close
the door to the development of UFO (Unidentified Flying Object) by
human beings”.


小林 早賢さんBLOG(日本語版)
http://heratri-topics-jp.blogspot.com/2011/06/24.html

ホーキング博士は、自らの提唱する「M理論」を、「アインシュタインの目指した
「統一場理論」に代わるものだ」と主張して、「統一場理論」の存在を否定
自らを「最終理論」の提唱者にしようとしたが、そのことが、多くの物理学者
から批判された。
私が注目した点は、「統一場理論を否定すること、とりわけ、生前アインシュタ
インが懸命に取り組んだ"重力と電磁力の統一場理論"を否定することは、人類に
UFO開発の道を閉ざすことになる」という点である。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック